それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

黄昏時。。

俺は空が好きだ。


昔から、嫌な事がある度に空を見ていた気がする。


空と云っても、昼どきの快晴の空は好きじゃない。


俺が好きなのは、夕暮れ時の空と、夜の空。


俺は、独りっ子で兄弟は居ない。

育児放棄されて、あちこちの親戚を転々としていた。


学校も変わる。

友達も変わる。


だから、親友と呼べるダチは、ほんの2、3人。


ガキの頃、唯一のダチを亡くした。


彼女も小さい頃、親友を亡くしている。


「ねぇ、りく。もうすぐだね。」


「おぅ。あのバカたれの命日やな。」


「あたしね。 お線香の代わりに、その子が好きだった煙草に火を点けるんだ。 1本だけ火を点けて供養代わりにしてる。」


「りくは?何かしてるの?」


「いや。俺は特別な事はせんよ。」

「ただな。その日の夕暮れ時には、空を見上げる事にしてる。」


「そっか。」

「あのさ~。その日は、電話もLINEも しなくてイイよ。」

「その日ぐらいは、友達と一緒に居てあげて!」


「ホントに良いのか?」


「うん!年に1度くらい、そういう日があってもイイじゃん。」

「でも、その日だけだよ!」


「でね。 いつか、あたしも一緒に供養しても良い?」


「おぅ! あのバカたれは女好きだから、泣いて喜ぶんやないか?(^w^)」


「あはは(^○^)。 だとイイなぁ~。」

「ブスは嫌いだ❗ とか思われたりして。。(^_^;)」


「アホやなぁ~。俺が好きになった子やぞ! ブスな事あるかい!」

「世界中が ブスやと思うても、俺はお前が好きやから。。」

「それで文句ないやろ?」


「うん!ありがと~❗😆💕✨」



「てか、世界中からブスって言われたら、いくら あたしでも凹むし。。」


「俺はブスは嫌いだ❗」

「だから、お前はブスやない❗」


「そういう事や。」


「うん! なんか あたしニヤニヤしてる(^_^;)」

「今夜は ぐっすり眠れそう。。」


「うんうん。 イビキかきながら、ぐっすり寝な❗」


「あたし、イビキなんか かかないもん❗

(#`皿´)」

「なんか、ムカついてきた。」

「もう寝る❗ おやすみっ❗」


「べぇ~だっ❗」

「りくのバカ❗(`ヘ´)」


そう言って、その夜の電話は ガチャ切りされた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。