それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

三日月の夜に‥‥。

10月。

彼女は予定どおり、俺の部屋へと引越してきた。


新しい住まい。

新しい家庭。

新しい家族。


俺達の新しいスタート。


沢山の荷物を片付けながら、俺は、心地よい疲労感に浸っていた。


ただ、そこには一人浮かない顔をした彼女が居た。


「どした? 疲れたん?」


「ううん。何でもない。」

そう言ったきり、彼女は虚ろな目で遠くを見つめていた。


そして一言。

「帰りたい‥‥。」

そう呟いた。


俺は失望した。

(新しいスタートの日に、何もそこまで言うとは‥‥。)


そして、二人の この先に未来は無いと直感した。


ある夜の事。


「なぁ。何で来たん? 」

「毎日そんな辛そうな顔してるくらいなら、越して来なくても良かったやん。」


「あたし、前に言ったよね。りくの事、好きかどうか分からないって。。」


「あぁ。言うたな。」

「でも、俺は、10月に来いとは言うてないやん。いつまでも待つって言うたやろ?」

「10月に来ることを決めたのはサキ自身やん。俺は、サキが今度こそ決心してくれたんだとばかり思うてたんや。」

「でも、それは俺の思い違いだったみたいやな。」


「‥‥‥‥‥‥。」


その夜は、お互い それっきりで眠りについた。


空の大きな三日月だけが俺達を見つめている様だった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。