それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

Message

あれから俺達は普通に暮らしている。



形だけの夫婦かもしれない。


【下の子が中学に入学したら、今のパートを辞めて、フルで働ける仕事を探す】


そう彼女は言っていた。


それまでは、別れ話はしないでおこう。



俺は、我慢することには慣れている。

ガキの頃から、ずっと我慢ばかりしてきたから。。。




俺は、家族の暖かさを知らない。

両親は、俺が小学生の頃から別居状態。

やがて、親からの育児放棄に遭い親族の間を転々とした。


同じくらいの歳の子が両親と一緒に歩いているのを横目で見ながら、

「自分は他人とは違う。」

いつしか そんな意識が定着していった。



【夫婦の愛情】、【暖かい家庭】、【楽しく暮らす家族】。


そんな日常に憧れている。



【求めること】と【求められること】。


俺は、求められたいのかもしれない。

必要とされたいのかもしれない。


いくら仕事や会社で必要とされていても、それだけじゃ、俺の心は満たされない。


大切な女性に必要とされたい。

大切な家族に必要とされたい。


ただのわがまま。


そう、これは俺の自分勝手なわがままだ。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


サキ。

俺な、やっぱサキの事が好きだわ。

サキは俺の事なんか好きじゃない事は充分分かった。

でもな、それでも俺はサキの事が好きでな。


サキ。

サキは世界中の誰よりも幸せにならなアカン。

今まで沢山の苦労をしてきたもんな。


俺な、サキが幸せになるなら何でもやる!

どんな苦労でもする!


でもな、俺と一緒に居たら幸せになれないと思うなら、俺は いつでもサキの傍を離れようと思うてるんや。


サキがサキで居られるなら‥‥。


俺の望みは、サキの幸せだけなんよ。


どんな事をされてもイイ。

愛情なんて無くてもイイ。

俺の事が嫌いなら それでも構わん。


(アホな奴や。そこまでされて腹がたたんのか?)

そう思う人も居るやろな。


自分でも つくづくアホやと思うで。

でもな、どうしても嫌いになれんのや。


もう一度、お前の笑顔に逢いたくてな。



俺な。

俺は、それでも お前を愛してる。


(おわり)


★★★★★★★★★★★★★★



みなさん、こんな拙いブログを読んでいただきありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。