それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

春の嵐(3)

あれから数日が過ぎた頃。


俺は、彼女が言った言葉の意味を ずっと考えていた。


『りくの事は、すごく大事。 でもね、好きかどうか、今は分からないんだ。』


(大事だけど好きかどうか分からない)


どういう事なんだろう。。。


こんな事を言われたのは生まれて初めてだった。



俺は悩みに悩んだ。

仕事も手につかないほど悩んだ。


そして、ある結論に辿り着いた。


ある日、

「俺、なんでこんなに悩んでるんやろ。」

「普通なら、こんな事言われたら、さっさと別れるよな。。」


そんな事を考えていたら。

「やっぱ、俺は どうしようもなく あいつの事が好きなんやなぁ~。」

と思えてきた。


そして俺が出した結論は、

(さきの事は待とう! 今は分からなくてもイイ。ただ、傍に居て欲しいのなら、傍に居てあげよう。わがままで意地っ張りな あいつを 包んであげられるような‥‥。そんな男になろう!)


そう決めた。


翌日の電話で、俺は こう あいつに伝えた。


「なぁ、さき。俺な、あれから色々考えたんよ。」


「‥‥。うん。。」


「でな、俺、さきの傍に居る事にした。」

「やっぱ、お前の事、めちゃめちゃ好きなんやなぁ~。って。」

「あらためて、そう思ったから。」

「だから、さきは これからも ずっと さきのままで良いから。。」


「俺は、お前の傍に居る❗」

「そう決めた❗」



電話の向こうで、彼女のすすり泣く声がしていた。


「りく。こんな思いさせてゴメンね。」

「あたし、嫌われたと思ってた。 ホントに ごめんなさい。」


「ううん。 そんなん気にせんでもええから。。」

「ほれ、鼻水出てるんやから、鼻チンしてきな!」


「うん。鼻チンしてくる。 ちょっと待っててね。」


そう言って、彼女は電話口を離れた。


「ただいま~❗」


「おかえり❗鼻チンしてきた?」


「うん❗鼻チンして、ついでに オシッコしてきた。(^w^)」


「あはは(^○^)。 それは言わんでも よろし。。」


「あはは(^○^)。だって 言いたかったんだもん。(^人^)」

「ねぇ、明日 お出掛けするんだ~。りくから貰ったサングラス かけてくね♪」


「おぉ~。そかそか。」

「あのデカサンかけると、なんちゃって芸能人みたいになるもんな。」


「うんうん。てか、なんちゃってって何よ~❗(`ヘ´)」


「明日、デカサンかけたトコの写メ送るね❗」


「うん。よろしく❗」

「ほな、そろそろ 寝る時間やぞ。 おやすみ~❗」


「うん❗おやすみ❗また明日ね~❗(^_^)/」



こうして俺らは、また普段と変わらない言葉を交わすようになっていた。


俺は、あいつの傍に居よう。

この先、どうなるかなんて誰にも分からない。

ただ1つ言える事は、

『おれは、あいつが好きだ』という事。


それだけで、少し前に進めそうな気がしていた。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。