それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

春の嵐(1)

年が明けて、街がいつもの日常に戻った頃、俺達は結婚に向けて動き出した。


俺は、都内の会社に再就職が決まり、埼玉へと移り住んでいた。



相変わらず、毎日の電話とLINE。


話す事といったら、その日の出来事や彼女の体調の事。


そして、新たに加わったのが結婚してからの住まいと、ささやかではあるが二人の将来の事。


「ねぇ、3月の下旬になったら、あたし そっちに行くから❗」


「ん?大丈夫なんか? 地震が怖いって言うてたやんか。 こっちは地震が多いで~。」


「ううん。大丈夫だよ。(^w^)」

「それに、住めば都って言うじゃん。」


「まぁ~な。3月かぁ~。もう少しだな。」


「うん!でも、路線が多いし、駅も大きいから電車に乗るのも大変かも。。」

「あたし、絶対に駅で迷子になりそう。。(^_^;)」


「そんなん、慣れるって。。」

「俺だって慣れたんやし。。」


「うん!だね♪」

「りくよりは、方向音痴じゃないからね。」


「ねぇ。広くなくても良いから、リビングは欲しいなぁ。」

「あたし、植木鉢が沢山あるから、出来ればベランダも欲しい。」


「あぁ。それならマンションにしよう。」


「うん❗マンションで決定~❗\(^_^)/」


「近いうち、休みの日でも不動産屋さん 当たってみるから。。」


「うん❗ あっ❗じゃあ、部屋の感じとか見たいから写メって送って❗」


「あぁ、そうする。」



「早く りくの傍に行きたいなぁ~。」

「あたし、りくのお嫁さんになるんだよね♪」

「楽しみにしてるからね~❗(^_^)/」



「あぁ、俺も楽しみだよ。」




こうして、俺達は新しいステージを迎える。

そう信じていた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。