それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

ふたつの引越し ~Two moving~(2)

飛行機は、定刻どおり福岡空港に到着した。


(ここが福岡かぁ~。)


「今、着いたよ。」

俺は到着ロビーの喫煙所で煙草を吸いながらサキにLINEを送った。


「お疲れ様~❗(^_^)/」

「とうとう来ちゃったね♪」


「あぁ。とうとう来たで!」


「あたし、もうホテルのロビーのトコに居るよ~❗」


「そか。早いなぁ~。(^w^)」

「急いで向かう❗」


「うん! 」

「りく。電車 乗り過ごさないでね!」

「りくは世界一【方向音痴】なんだからぁ~。」

「電車は西鉄だからね! に・し・て・つ❗」

「んで、天神ってトコで降りるんだかんね❗ 天神に着いたらLINE頂戴! あたし迎えに行くから。。」


「あぁ。わかっとるわぃ!」


実は、住む予定だった部屋のクリーニングが遅れていて、実際 部屋に住めるのは2日後との事だった。

それで、俺らは2泊3日でビジネルホテルに泊まる事にしていた。


********************


俺らは天神の地下街をブラブラして、少し早めの夕飯を済ませ、ホテルへと向かった。


その夜の事。


「ねぇ。あたし考えたんだけどね。10月になったら りくのトコに行くから。。」


「ん? 今 何て言った?」


「だからぁ~。10月になったら、りくのお嫁さんになるの~❗」


「はあぁ~?!」

「マジっすか。\(゜o゜;)/」


「うん♪」

「マジっすよ。(^w^)」


「なぁ。サキ。つい この前まで俺との結婚 迷ってたんやないの?」


「うん。迷ってたよ。でもね、こんなあたしの事、真正面から受け止めてくれたのって、りくだけなんだ。」


「あたしって。ブスだし、眼が細いし、身体も不恰好だし、胸も無いし、わがままだし、自分勝手だし、今まで真剣に生きた事無いんだ。」


「あぁ。そうだな。それに寝相も悪いし。」


「もぉ~~❗何~❗ そこは否定するでしょ、普通。。。(*`Д´)ノ!!!」


「あはは(^○^)。でもな、そんなブスを本気で好きになったのは俺や。文句あるか?」

「俺な、この子の手 一生 離さん❗って決めたんよ。」


「うん。ありがと。」

「りくの部屋って、ファミリータイプなんでしょ? だから、一緒に住んでも良い?」


「あぁ。良いよ。(^w^)」


「ありがと❗ イイお嫁さんになるからね❗(^_^)/」


そのかわり。。。

「浮気したら、ぶっ殺す❗」

「なんちって~❗💨💨💨」


「あはは(^○^)。するわけがないやろ。」

「アホやなぁ~。(^_^;)」


実は、急な異動だった事もあり、独身者用の社宅が空いていなかった。

そこで、急遽 ファミリータイプの部屋に住むことになっていた。


********************


急な出来事だった。


まさか、サキから そんな言葉が出るとは思いもよらなかった。


いよいよ、サキと一緒になれる。

そう思うと、身体中から嬉しさが込み上げてきた。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。