それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

会おう❗

彼女とのやり取りから数ヵ月が過ぎた。


相変わらず、朝・昼・夜の電話はもちろん、LINEも毎日 数十回の日々が続いてた頃。


「ねぇ、来月 りくの誕生日だよね。」


「あっ! そっか。忘れてた。(^_^;)」


「てか、自分の誕生日ぐらい覚えときなさい。(^w^)」

「でね。あたし、そっちに遊びに行っても良い? りくと めっちゃ会いたい❗ ホントは、今すぐに会いたい❗」


「ん? 遠いぞ~。ホントに来てくれるん?」


「うん! りくの所に行く為に、ずっと貯金してたんだもん。」

「だから、りくが嫌!って言っても行くからね!」


「そかそか。俺も、お前と会いたいと思ってたんよ。」

「こっちは寒いから、暖かい格好して来いよ!」


「いやいや。マフラーとかは、スーツケースに入れてく。こっちからマフラーして行ったらバカみたいじゃん。」



「まぁ、それもそうだな。(^_^;)」

「とにかく、雪が積もってるから、長靴な!」


「長靴~?ヤダ!」

「ねぇ、雪 たくさん積もってる?」


「うん! でも、ジュンとホタルは居ないで。」


「あはは(^○^)。当たり前じゃん! あたし、雪景色が見たいなぁ~。 ホントは、それが目当てだったりして…。(^w^)」


「あっそ。 なら、ツアーで どうぞ!

(# ̄З ̄)」


「うそだよぉ~。 寒いから2人で暖まろっ❗」


「だな。楽しみにしとるよ。(^人^)」


「うん!あたしも めっちゃ楽しみ❗」

「雪景色がねっ!d(^-^)」


こうして、俺らは 初めて会う約束をした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。