それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

告白。

冬。


クリスマスも近いこの時期、北の大地も すっかり雪化粧していた。


そして、いよいよ彼女が この街にやって来た。


九州の南端から やって来た彼女の第一声は、

「めっちゃ寒い~❗」だった。


早く会いたいという気持ちがそうさせたのだろう。

俺は、飛行機の到着予定時間より、一時間以上も早く着いてしまっていた。


お互いの写メは、LINEを始めた その日に交換済みだったし、彼女の服装もあらかじめ聞いていたから、すぐに分かるはずだった。


「やっほ~❗」

到着ロビーを うろうろしていた時、ふと後ろから声がした。


その声の主は彼女だった。


「りく。どこ見てたのよ~。 あたし、りくの事 すぐに分かったよ~。」


「ん?そか??」


「だって、りくは豹柄 大好きじゃん。」

「それに、豹柄のファーコート着てる人なんて、りくの他に居ないでしょ?(笑)

しかも、ロングだし。。」


「それね~。めっちゃ目立つから。。」

「『龍が如く』のゲームに出てくる人みたい。(笑)」


「あはは(^○^)。そっか~? でもな、こんなんしか持ってないからなぁ~。」


正直、お互いに全然 緊張の欠片も無かった。

まるで、ずっと前から知っていた様な、懐かしささえ覚えた程だった。


「飯でも食いに行くか。」


「ちょっと待って! めっちゃ煙草吸いたい。」

「だってさ~。1本も吸わずに来たんだよ~。」


「なら、煙草でも吸うか。」


その日は、札幌のホテルに宿泊した。


そして次の日、俺らは富良野へと移動し、彼女は俺の部屋に泊まった。


夕食のあと、彼女が おもむろにスーツケースから何かを取り出した。


「はい、これ❗」


「ん? 小包爆弾か?」


「もぉ~。バ~カ❗ こんな近くで開けられたら、あたしも巻き添えになっちゃうでしょ?!」

「誕生日プレゼント❤」

それから、これも❗

「こっちは、クリスマス・プレゼント❤」


「だって、来週は来れないもん。ホントは来たいけど。。。」

「ねぇ、開けてみて❗」


俺は、ひとつずつラッピングを開けていった。


「おぉ~❗ イイね~❗」

「サキ、ありがとな❗」


豹柄の札入れと、豹柄のキー・ケース。

そして、俺と彼女の名前を彫った豹柄のジッポー。


そして、マドレーヌと、パウンドケーキと、クッキー。


それが、彼女からのプレゼントだった。


「おぉ~❗ こりゃあ美味いなぁ~。」

「羽田で買ってきたん?」


「………。」

「それ、全部 あたしが作ったんですが。。。」


「あっ! そか。(^_^;)」


「大変だったんだからね~❗」

「りくに食べてほしくて、めっちゃ頑張ったんだから。。」


「うんうん。ありがとな❗」


「じゃあ、kissして❗」


「はっ?」


「ここでkissして❗」


「ちょっ! いきなりやなぁ~。」


「だって、したいんだもん。」

「誰も見てないんだから、イイじゃん。」


「ん~。まぁ~な。」


「もぉ~❗ じゃあ、あたしからする❗」


彼女は そう言うと、俺に抱きついてきた。


そして、俺らは そのままベッドに潜り込んだ。


相当 疲れていたんだろう。

彼女は、いつの間にか スヤスヤと眠りについていた。


俺は、その寝顔を しばらく眺めていた。


次の朝。

「なぁ、サキ。」


「ん?」


「結婚しよう。」


「うん❗(^w^)」

「あたしも、りくと結婚したい❗」


「でもな、指輪とか なんも用意しとらんぞ。」


「そんなのイイよ。」

「あたし。 りくからの、その言葉だけで充分だもん。」


俺は、彼女の髪を撫でながら、きつく抱きしめた。


ふと見ると、彼女が泣いていた。


「どしたん?」

「腹でも痛いんか?」


「バ~カ❗」

「違うよ~❗」

「なんかさ~。めっちゃ嬉しくて…。」

「今ね、最高に幸せな気持ちなんだもん。」


「そかそか。」



「ねぇ、りく。」

「こんな あたしで良いの?」

「ホントに あたしで良いの?」


「あぁ~。もちろんや。お前以外に誰がおるんや。」



こうして、初めてあった その日に 俺らは 結婚を誓いあった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。