それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

ベター・ハーフ

あの日以来、彼女とは毎日LINEをするようになった。


好きな食べ物、車の話、好きな色、ハマってるもの、好みのタイプ、好きな髪型…。


ありきたりな話を毎日の様にしていた。


それでも俺らは楽しかったし、いつの間にか彼女からのLINEを心待にしている自分が居た。


ある日、

「ねぇ、ベター・ハーフって知ってる?」

「ん?ベター・ハーフ? バターか何かの名前? カロリー半分とか??」


「違うよ~。

ベター・ハーフってね、魂が この世に降りてくる時に、男の魂と女の魂とに別れるんだって。元々は一つの魂だから、似てる部分が沢山あるんだ。」


「へぇ~。魂かぁ~。」

「気合いだ!気合いだ!気合いだ~! とは違うのか。」


「それは、アニマル浜口でしょ?(^-^)」

「あたし達ってさ~。すごく似てると思わない?」



たしかに、そう言われると、彼女と俺は似ている部分が沢山あった。


育った環境、趣味・趣向、価値観…。

ただ、それだけなら単なる偶然にすぎないと思われるかもしれない。


俺がビックリしたのは、ほくろの位置だった。


俺の右肩には、同じ大きさのほくろが2つ並んでいる。


それを話したら、

「あたしの左肩にも、同じ大きさのほくろが2つ並んでるよ~。」


「写メ送ろうか?」


そう言って送られてきた画像を見た時、正直 ゾッとした。

画像だから、大きさまでは はっきりとは分からないが、俺の右肩と全く同じ並び方をしていて、位置まで ほとんど一緒だった。


「なぁ、前に いつも怪我するのは左側って言ってたよな。」


「うん!」


「俺な、怪我するのは、いつも右側なんだ。 これって、偶然?」


「ん~。よく分かんないけど、偶然にしては凄すぎない? まるで半分こ したみたいじゃん」

「あたし、今まで色んな人と付き合ってきたけど、こんなに一致する人 居なかったよ~。」


「たしかにな~。単なる偶然にしては、似すぎてるよな。俺ら」


「ねっ!そうでしょ? きっと、あたし達って半分こ なんだよ。」

「きっと、魂が半分こになって、あたし達を北と南に分けたんだよ。」

「てか、あたしは そう思う事にする❗」


「だな。(^w^)」




(ベター・ハーフかぁ~。バターの名前じゃなかったんだな。)


その夜は、ベター・ハーフの事をネットで色々調べてみた。

そして、いつの間にか寝落ちしていた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。