それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

『マジで??』

月日が経つのは早いもので、サキと付き合ってから、一年以上になった。


わがままで、意地っ張りで、そのくせ泣き虫で‥‥。

寝相が悪いから、毎朝 髪が爆発している。。。


そんなサキの事が、俺は一瞬で好きになった。



ある日の事。

いつものように出社したら、いきなり部長に呼び出された。

応接室に入ると、そこには支店長と総務部長も居た。


「どうかしたんですか?」


「いや、単刀直入に話そう。実は福岡支店で例の案件の受注が決まってね。

あの案件に必要なノウハウを持っているのは、うちでも限られた人員しか居ない事は、君も知っていると思う。それでだ。君に7月から福岡に行ってはもらえないだろうかと思ってね。」

「面接時の君の希望では、福岡支店勤務が希望だったよね。どうだろうか。うちとしても、行ってもらえたら助かるんだよね。」


「本当ですか?ありがとうございます。是非、行かせていただきます。」


まさに「棚ぼた」の出来事だった。


確かに希望は出していた。


それが、こんなに早くに実現するとは思いもよらなかった。



その夜。

「お疲れ❗」


「お疲れ様~❗(^_^)/」


「今日はサキに報告があるんよ。」


「あたしも報告があるんよ。」


「こら!真似するんでない!(^w^)」

「実はな、来月から福岡に行く事になった。」


「えっ?! なになに、マジで?」


「うん。マジで。。」

「ようやく、お前の近くに行けるんよ。」


「ホントに?! ホントにホントなの?」


「ホントにホントなんよ。急な話やけど、今日、打診があってな。即答で決めた。」


ふと、携帯の向こうから、すすり泣く音がした。


「どした? 風邪でもひいたか。」


「違うょ~❗ もぅ、りくの馬鹿❗ 」

「嬉しくて泣いてるんだよ~❗」

「なんか夢みたい。まだピンと来ないけど、嬉しくて‥‥。」


「そかそか。 じゃあ、待ってるから、鼻チンしてきな!」


「うん!鼻チンしてくる。。」


「ついでに、オシッコも行ってきな!(^人^)」


「馬鹿❗今日は出ないもん❗(`ヘ´)」


彼女が鼻チンから戻って来た頃。


「サキの報告って何だったん?」


「うん。あたし、アルバイトする事にしたんだ。コンビニなんだけどね。週に2日だけ。」

「少しでも お金貯めたいんだ。」

「りく、ボルダリングの大会に出てるでしょ? あたし観に行くから。。その遠征費用。。(^_^;)」


「そかそか。(^w^)。じゃあ、格好悪いトコ 見せられないな。」


その夜は、こんな話をして互いに眠りについた。


翌日の彼女のブログには、


【もうすぐ、貴方が この街にやって来る。

1300km離れた街から貴方がやってくる。

これからは、貴方を もっと もっと近くに感じる事が出来る。これが夢でありませんように。。。】


彼女は、こんな記事を書いていた。


俺は、サキとの遠距離恋愛をスタートさせた頃、二人で歌っていた あの曲を思い出していた。



『指環と合鍵』 by ハジ→feat Ai



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。