それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

春の嵐(2)

あれから、俺達は順調に新しい生活に向けて準備を進めて行った。


俺は、近くの不動産屋へ足蹴く通い、築浅の賃貸マンションを見つけ、彼女へ部屋の様子や近隣の風景を撮った写メを送りながら新居を決めた。


彼女は、引越し屋さんへの手配を済ませ、着々と荷造りに励んでいた。

転居届けを申し込む際に、最寄りの市役所で婚姻届ももらってきたらしく、嬉しそうに写メを送ってきた。



そんなある日の夜。

5月の連休も終わり、梅雨の便りが聞こえてきそうな頃。


「もうすぐだな。 荷造りは はかどってるん?」


「うん。。。」


「引越し日は、日曜日だから、次の日も休みを取ったんよ。」

「二人で荷物の片付けしような!」


「うん。。。」



「どした? 具合でも悪いんか?」



彼女は、しばらく無言で、何も話そうとはしない。


「どした? 何か言いたいことでもあるんやないか?」


「うん。。。」

「あのね。昨日、友達に引越しの話をしたんだ。」


「うん。」


「でね。あたし、びゃ~びゃ~泣いちゃった。」

「りく。あたし、友達と離れたくない。」

「この街は田舎だし不便な事が沢山あるけど、離れるんだ。って思ったら、この街が恋しくなっちゃって。。。」


「ごめん。今は、りくの傍に行けない。 てか、こんな気持ちのまま、りくの傍に行ったら りくに申し訳ないよ。」


突然の告白だった。


想定外の事で、頭が混乱し始めていた。


「そか。」

「じゃあ、延期にするか?」



「うん。」

「あのね、こんな事言うと りくに悪いのは分かってるんだけど。。。」

「あたし、色々考えてみたんだ。りくの事、自分の事、二人のこれからの事。。」


「そんでね。正直に言うと。あたし、りくが本当に好きなのかな?って思えてきて。。」


「りくは、裏表ない人だし、傍に居て すごく暖かい気持ちになるんだよね。」

「あたし、今まで生きてきて、こんなに大事に思われた事 1度もないから。。」


「でもね。正直な所、りくの事が好きなのか どうか分からないんだ。」



「‥‥‥‥‥‥。」


(こんな時、何て答えてあげたら良いのか。。)


すぐに言葉が思いつかなかった。


「りく。怒ってるよね。 そりゃそうだよね。 ごめん。嫌いになったよね。」



「そか。」

「分かった。婚約は白紙に戻そう。マンションもキャンセルしとく。」


「俺な、(好きかどうか分からない)なんて言われたの、人生初でな。」

「うまい言葉が見つからん。」


「少し考えさせてな。」


「うん。。。分かった。 ごめんなさい。」




そうして、その日は早々に会話を終えた。


俺は、頭が真っ白になって、放心状態のまま、次の日の朝を迎えることになった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。