それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

闇と光。。

あれから数日が経過した。


相変わらず彼女は浮かない顔をしている。


話しかけても上の空。

ただ、ぼんやり遠くを見つめている。


そんな状態が続いたある日。


「なぁ、友達に会いに行ってきな。」

「少しは気分転換になるやろし。。。」


「うん。いいの?」


「あぁ、良いよ。」

「そんな顔して毎日を過ごすのは、サキ自身が一番辛いやろ?」


「うん。ありがと。じゃあ行ってくるね!」


そうして、彼女は友達に会いに行った。


帰ってきて、彼女は ほんの数日間は気分も穏やかに過ごしていたと思う。


そんな穏やかな日も束の間。

すぐに辛そうな表情の彼女に戻っていった。


ある日、俺は思いきって彼女に伝えた。

「なぁ、俺ら終わりにしよっか。」

「もう、俺は要らんやろ。」

「夫婦ってのは、所詮 他人やん。その他人同士が一緒に暮らすんや。俺な、前に言うたよな。【同じ方向を向けなくなったら終いや。】って。。」

「他人だからこそ、向き合おうとせなイカンのやないか? 相手の欠点なんてのは、凄く目につくもんやん。それで、相手の良い所まで消してしまうのは、本当に向き合ってると言えるんか?」


彼女は無言のまま。


しばらくして、

「少し考えさせて‥‥。」


そう言ったきり、彼女は口を閉ざした。



俺は限界に来ていたのかもしれない。


別れを覚悟して、俺は彼女の返事を待つことにした。


闇。

この頃、お互いの心は深い闇に覆われていた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。