それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

もう無理。。。

彼女が帰った数日後。


俺達は相変わらず 朝・昼・夜の電話と数えきれない程のLINEを交わしていた。


そんなある日の夜。


「もうすぐクリスマスだね~。(^w^)」

「このまま電話してて、午前0時になったら、二人でメリクリしよっ!」


「あぁ、そうだな。」

「でも、そんなに遅くまで起きてて大丈夫なん?」


「うん!大丈夫! もう、お布団の中だし。。眠くなったら寝落ちするだけだもん♪」


「今年も色々あったなぁ~。」


「うん! 色々あったね~❗」

「つうか、年越しみたいじゃん。(^人^)」

「まだ、早い つ~の!(笑)」


「でもね。あたし、りくと出会えたから、今年は最高にHAPPYな年だったよ~。

(*^3^)/~☆」


「あぁ、俺も同じ。」


「来年は、一緒に居られるんだもんね♪」

「今から、めっちゃ楽しみにしてるんだよぉ~。」


「んとね。いきなりなんだけど。。」


「ん?どした?」


「もしもね。 ホントに もしもなんだけど。。」

「りく、あたしと別れたとしたら、そのあと どうするの?」


「ん?どうするのって、何が??」


「だから~。すぐ、他の人 探しちゃうのかなって思ってね。。。」


「そんな事はしないなぁ~。」

「俺、そんなに軽い男に見えるか?」


「ううん。まぁ、りくは そ~ゆ~タイプの人じゃないもんね。(^_^;)」

「じゃあ、ずっと一人??」


「ん~。そうだなぁ~。」

「そんな事、考えたこともないけど。。たぶん、お前と別れたら日本を出るだろうな。」


「はっ??どうして?」

「会社は? 辞めちゃうの?」


「あぁ、会社は辞めるさ。」

「前に話したよな。オーロラの話。俺な、フィンランドに移住して、オーロラの下で暮らすさ。」


しばらく無言のあと、彼女のすすり泣く音が携帯から聞こえてきた。


「ん?どうした?」


「どうした?じゃないよ~!なんで日本から居なくなっちゃうの? なんで そんなに遠くに行っちゃうの?? そんな事したら会えなくなっちゃうじゃん! 寂しいとき、りくの声も聞けなくなっちゃうじゃん!」


「あぁ、そうだな。」

「ん?? ちと待って。別れたのに会うつもりでいるんか? つうか、それって ど~ゆ~事なん?」



「もうイイ!!! 」

「そんなの嫌だよぉ~~!」

「あたしと別れたからって、なんで急にパッと あたしの前から消えちゃうの?!」

「追いかけて来てよぉ~!なんで、「やり直そう。」とか言わないの??」



彼女は、泣き声が一段と大きくなり、もう はっきりと聞き取れないほどに泣きじゃくっていた。



「そんなんだったら、もう りくとは無理だから。。。」

「別れよ。。」

「あたしって、その程度の女なんでしょ?追いかける程もないって事だよね。」

「もうイイ。電話 切るから。。」


「あぁ、そうしよう。」

「おやすみ。。」


その夜は、2度と彼女からの着信音が鳴る事は無かった。


12月23日。

街にはクリスマスソングが流れ、華やかなイルミネーションに飾られた夜。


こうして、俺達は別れを迎えた。



クリスマスイブの 10分前の頃の出来事だった。



♪目を閉じれば億千の星 一番光るお前が居る

初めて一途になれたよ。

夜空へ響け愛の歌。。。♪ by 湘南乃風

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。