それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

ごめんなさい。m(__)m

別れを告げられた翌日。


彼女からの『おはよう!』コールは無かった。

(やっぱ、終わったか‥‥‥。)


そんな事を思いながら、俺は会社に向かった。


いつもと同じ街並み。

いつもと同じ空気。


変わったのは俺ら二人。

あいつの声は、もう2度と聞けない。


モヤモヤした気持ちのまま、それでも俺は淡々と仕事をこなした。


お昼になって、俺の携帯が震えだした。

(あいつからだ❗)


画面を見ると、

「りく、お昼休み 少し時間取れる?」

とのメッセージ。


「俺の方から電話しようか?」


「ううん。あたしからかける。今、大丈夫?」


「あぁ、いいよ。」


数秒後、彼女から電話がかかってきた。


「もしも~し。どしたん?」


彼女は既に半泣きしている。


「んとね。。」


しばらく間が空いて


「りく。あたし、昨日ずっと考えてた。」

「りくの事、ずっと考えてね。」

「あたし、やっぱ りくじゃないとダメなの。。この先、あたしの中で りくが居ない人生なんて考えられないよ~。」


彼女は既に大泣きで、言葉が はっきり聞こえないほど泣きじゃくっていた。


「うんうん。」


俺は、ただ相づちを打って彼女の声に耳を傾けた。


「りく。。昨日は、ホントにごめんなさい。

もう一度 あたしとやり直せないかなぁ~。」

「もう、あたしの事なんか嫌いになった?」

「あたし、りくが好きなの。」

「こんなに大事に想われた事、1度も無くて‥。」

「昨日ね。つくづく そう思った。」

「りくじゃないと無理なんだって。。」



「やっぱ、ダメかなぁ~。」



「もう泣くな。」

「お前の他に誰が居るんよ。」

「また よろしくな❗」


「いいの?」

「ホントに あたしで良いの?」


「あぁ。もちろんや。」


「ホント?!」

「じゃあ、また電話しても良い?」

「いっぱいLINEしても良い?」


「当たり前やんか。」

「もう、いつもどおりの俺らや。文句ある人~!?」


「あはは(^○^)。いませ~ん!(^人^)」


「やっと笑ったな。(^w^)」


「ほな、そろそろ仕事の時間や。」

「またな❗(^_^)/」


「うん!お仕事 頑張ってね~!」

「またね~!」



こうして、俺達は、また いつもの二人に戻った。


だが、これから先に待ち受ける大きな壁の存在には、この時には未だ気づいていなかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。