それでも愛してる

妻との出会いから、今日までを自分目線で綴ったブログです。

大嫌い❗

彼女とLINEを始めて、ひと月ぐらい経った頃の事。


俺は、あるコミュニティーサイトでオーナーをしていた。

もちろん、彼女もメンバーとして参加していた。


俺が、或る特定のメンバーさんと、話が盛り上がり、何十回となく会話をしていた矢先。


突然、彼女からLINEが入った。

「ちょっと絡みすぎじゃない? なんで そんなに絡むわけ?」

「見てて、めっちゃイラっとするんだけど。。。」


「いや、話が盛り上がっただけやんか。」

「別に意識してる訳じゃないし。。。」



「ふ~ん。」


「なんで怒るん? オーナーやし、知らんぷり出来んやろ?」


「意識してるとか、してないとか…。 あたし全然そんな事言ってませんが…。」

「つうか、ホントは りくが意識してるんじゃないの?」


「そんなわけないやろ~。そんなチャラい男に見えるんか?」



「もう いい❗」

「あたしの気持ちなんて ど~でも良いんでしょ?」


「りくなんて大嫌い❗」

「もう、LINEも、電話もしないから❗」



そう言って、彼女からのLINEは止まった。


毎日、十回以上は電話で話してたが、その日は、1度もかかって来なかった。


「まぁ、しゃあない。言い訳するのも女々しいしな。」


そう思って俺の方からも電話はしなかった。




そして、次の日。

やはり、朝の「おはよう~❗」コールは無かった。


(まだ怒ってるんかな~。)

そう思いながらも、俺は、いつものように会社に向かった。



ちょうど昼休みに入った頃、突然 彼女からの電話が鳴った。


「もしもし、どうしたん?」


「昨日はゴメンなさい。 どうしても、りくの声が聞きたくなっちゃった。」


「うんうん。そかそか。」

「俺もな。やっぱ、朝っぱらから お前の声が聞けないと 気合いが入らんでな。(^w^)」


「また、いつものように電話しても良い?」


「もちろんや。俺は、別に怒ってるわけやないし…。」

「俺の方こそ、調子に乗りすぎてゴメンな。」


「ううん。 やっぱさ~。一晩中考えたんだけど…。」


「ん? どしたん?」



「あたし、やっぱ、りくの事が好き❗」

「だから、これからもヤキモチ焼くからね! 」

「覚悟しててよね!(^人^)」



「おぅ!望むところや。(^w^)」


「じゃあ、切るね! お仕事 頑張ってね❗」


「うん!またな!」


俺は、鼻の下を伸ばしながら電話を切った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。